忘れてはならない、DOESの存在

忘れてはならない、DOESの存在

銀魂を語る上で忘れてはいけない存在

アニメ作品のタイアップをきっかけにして大ヒットを記録するのは何もSPYAIRだけに留まらない、中にはその楽曲があまりに印象的であったため、話題を呼ぶことになるということもある。その存在として何とも象徴的なのが『DOES』というバンドだ、そもそも彼らがタイアップを受けたことでどうしてこれほどまでにヒットすると予想しえただろうか。こう言っては何だが、実力的にはプロとして通用することが出来るものだったとはいえ、活動当初の内容を見ると決して褒められたものではない。

DOESが本格的にバンドとしてその名を広めることになるときまでのシングル成績を見てもらうと、

  タイトル 最高位
1st 明日は来るのか ランキング圏外
2nd 赤いサンデー ランキング圏外
3rd 三月 ランキング圏外

3rdシングルまでのオリコンランキングが、世辞などと柔らかいものなど通用しないほど酷い成績となっている。このまま消えていくのだろうと予想されていたが、その後の活動で彼らが一機の表舞台の、それも一番煌びやかな部分に照らされることになるとは誰も予想しなかった。

アニソン特集

五朋建設は静岡 リフォームをスタイルの提案からトータルプロデュース。デザインや生活スタイルにこだわったリフォームプランをご提案いたします。お家を一新すると気分も変わってきますよ♪

銀魂とのタイアップによる急速なヒット

銀魂とのタイアップの始まりは2007年の頃、放送が開始されてから1年が経過していた時のことだ。その折に採用されたわけだが、ここからDOESというバンドが一般大衆という世間に急速に認知されるようになり、またタイアップされた楽曲に関してもその独特な表現力を持って多くの人々の心に訴えかけられる結果を招くこととなった。

そのままヒット街道を驀進するかと思いきや、タイアップが掛かっていない楽曲を次に発売したが、その楽曲『サブタレニアン・ベイビー・ブルース』というものについては最高位200位という、恐ろしいほどの結果となる。音楽はそれぞれ好みが違うといったが、一瞬その音楽性が認められたかと思いきや、発売された曲がその波に乗れないというのは少しばかり異例だ。別段珍しい話ではないが、タイアップされた直後のシングルCDという点を入れても、どう考えても影響がなさ過ぎると冷静に分析できる。そうなると考えられるのは、この時はまだ一部のとてもコアな人達にしか認知されていなかったということだ。それもバンド文化をこよなく愛している、へヴィーな人達限定と考えると納得がいくだろう。

オンラインでカラオケ!?

多くのご利用者様から喜びの声いただいております。即日現金払い、最短当日お振込みも万全の対応!キャンペーン期間中はもっと高額買取を実施!!オーディオ 買取りを依頼するならGLOBAL SOUNDがオススメです!

勢いは増すと思われたが、中々難しい様子

アニメ銀魂にのオープニングテーマに2回タイアップされ、さらにその後劇場版1作目にも楽曲がタイアップされたことによって、DOESというバンドは地上波音楽番組『ミュージックステーション』にも出演を果たすことになる。これだけでも大層なものだが、その放送中にカットされたものの、演奏シーンが終盤に差し掛かる頃にはテレビ番組として不適切な行動を取ってしまうなど、少しばかりは目を外しすぎたパフォーマンスを披露してしまった。具体的にはアンプを倒すといった行動は、メディアを通じて放送されている番組としては、あまりに軽率な行動だ。

そういったこともあって、その後DOESは何度か人気アニメ作品のタイアップに採用される事はあっても、銀魂のときのようなヒットを繰り出すことは無いという結果になっている。ただロックバンドというものの本質を考えれば、実にアングラだったとしても歴史を鑑みた上では中々に歴史を踏襲したバンドだということも理解出来る。昔ながらのロックバンドらしいスタイルなのは認めるが、もしかしたら彼らの場合はライブなどに訪れれば、その深い魅力に嵌ることが出来るのかもしれない。興味があれば一度は訪れてみるといいだろう。

カラオケヴォーカルレッスン

ライフスタイルが多様化している現代のお部屋選びは、人それぞれの希望があります。そんな時代の流れに堺 店舗は対応してまいります!
在日韓国人・朝鮮人の方々は統計によれば2010年12月末現在、日本に定住して、韓国・朝鮮国籍を保有し、外国人登録をしている者は56万人です。韓国で相続これからも皆様のお役に立てるよう精進してまいります。

アニメ銀魂のOP・EDを担当したアーティストを厳選紹介