劇場映画主題歌を初担当

劇場映画主題歌を初担当

立て続けにヒットした

SPYAIRというバンドはデビュー前から話題性を持ったいわゆる、スターの卵というべき存在として見られていたに違いない。孵ることで巨万の富をもたらすのか、絶望的な負債をもたらすのかはいざ知らず、レコード会社としても期待を寄せていた。

しかしデビュー当初の結果を見る限りでは、見通しとしては先が長くなりそうだという雰囲気が出ていた事は否めない結果を出している。特にデビューからの流れを見てみると、こんな感じになっている。

  シングル名 最高位
1st LIAR 55位
2nd Last Moment 43位
3rd ジャパニケーション 84位
4th サムライハート(Some Like It Hot!!) 18位
5th BEAUTIFUL DAYS 34位
6th My World 21位
7th 0 GAME 15位
8th Naked 47位
企画盤 ROCK THIS WAY 39位
9th WENDY ~It's You~ 29位

シングルだけで見ると9枚も出しているわけだが、最高位でも15位となっている。単純に順位だけみれば現在のCDが売れない世情を考えれば十分なのかもしれないが、その後発売されたシングル曲の落差が激しいところを含めると、やはり不安定な成績であることが否めない。

ただ徐々にランキングを上げるきっかけになったのが、銀魂'の1期目エンディングテーマとして採用された『サムライハート(Some Like It Hot!!)』から、知名度を上げていったきっかけになった。ただこの楽曲はそもそもアルバムに収録する楽曲として制作されていたものだが、その後タイアップが正式に決まったことでアレンジをオリジナルから変更してシングルCD用へと編成しなおし、SPYAIRとしては20位圏内にランクインすることが出来た楽曲となる。

その後映画『アメイジング・スパイダーマン』の日本版イメージソングとして採用された『0 GAME』が採用されたことで15位を記録することになるが、その後に発売するシングルは50位以下になることはないものの、イマイチヒット曲に恵まれていない感が漂うバンドだった。どうしたものかと頭を悩ませていたが、10thシングルとして発売された楽曲から流れは一気に変わり始める。

アニソン特集

出演声優も絶賛するバンドへと成長

10thシングルとして発売された『サクラミツツキ』が発売され、この楽曲はオリコンウィークリーチャートで10位を記録し、SPYAIRとして初のシングルCDTOP10内に食い込むことが出来た楽曲となっている。また当楽曲がタイアップされたときの銀魂放送内容がシリアスな長編であり、結末が悲劇とも、喜劇とも言えない終わり方を迎えたことで原作ファンなどからも名作として語られているものだったこともあって、話題が話題を呼んだ。何よりそのシリアスな世界観に適合していたこともあり、日本国外でも高い評価を得ることとなり、SPYAIRとしても、そして銀魂としてもは快挙となる、アメリカビルボードアニメチャートで初の首位を獲得した。

これにより、海外のアニメファンもSPYAIRが制作したサクラミツツキを高く評価し、世界的な視点でその活動と実力を認められることになる。その後発売され、またしても銀魂のタイアップという心強い後ろ盾を元に躍進することになる。

オンラインでカラオケ!?

静岡のマンション・一戸建てのリフォーム、リノベーションなら五朋建設にお任せください!静岡 リフォーム我が家をもっと好きになる…そんなご提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください。
オーディオ 買取り http://www.audiokaitori.org/ならグローバルサウンドにお任せ下さい。知識豊富な専門スタッフによる誠実・丁寧な対応で安心査定!宅配買取・出張買取にも対応しております。

劇場版銀魂主題歌にタイアップされた

劇場作品という物は何事もお金というものがこれでもかと使用されているが、銀魂も同様だ。当作品もこれまで2本劇場版が製作されているが、一作目は公開スクリーンが97箇所という規模の少なさでありながら、興行収入10億円を突破しており、その人気の高さを証明している。

その後作られた2作目の劇場作品では公開されてから1ヶ月で来場者数が100万人を突破するという快挙を成し遂げ、アニメ作品としては異例のロング上映が行われるなど、その時もメディアにて盛大に取り上げられた作品だった。そんな劇場作品の主題歌にタイアップされたSPYAIRが発売したシングルも、それに沿うように記録することとなる。

発売された『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の主題歌となった『現状ディストラクション』は、オリコンウィークリーチャートで最高位6位を記録するという、初のTOP10内ににランクインすることに成功する。バンドとしても劇場主題歌に正式採用されるのはこれが初となり、また同名シングルのカップリングにはそれまで担当した銀魂のタイアップ曲が全て収録されているなど、色々な意味で初めて付くしを披露したことでも話題をさらっている。

アニメにタイアップされて成功した一例として十分すぎる結果を残しているSPYAIRだが、彼ら同様に活躍を見せたバンドがいることを忘れてはいけない。また、アニメ銀魂という作品を話す上で彼らの存在なくして素通りをすることは出来ないといってもいいほどだ。次からはそのバンドに付いての話をしよう。

カラオケヴォーカルレッスン

ディアライフ http://dlife.co.jp/のウェブサイトに気になる物件がございましたら、お電話またはメールでお問い合わせ下さい。また、バンコクに不慣れなお客様には「おまかせ物件探し」がおすすめです。

アニメ銀魂のOP・EDを担当したアーティストを厳選紹介